尾崎法律事務所

 お電話でのお問合せはこちら 

main_title
main_image
個人再生とは
個人再生のメリット
個人再生のデメリット
個人再生とは
個人再生とは住宅ローンや、多重債務に悩んでいる方に対して、住宅を売り払うことなく、自宅を残して借金を返済するための手段です。

小規模個人再生(個人事業主用)又は給与所得者等再生(給与所得者用)の手段を用いて、借金の総額を原則100万円、または5分の1まで 減らし、その後原則3年〜5年で返していくという手続きです。

自宅を持っていて、住宅ローンが残っている方は、住宅ローンはもちろん支払い続け、その他の債務について前述のように支払うことによって、住宅を守ることができるのです。
上へ
個人再生のメリット
住宅ローン以外の負債総額を、原則として、その5分の1から10分の1の値を原則3年間で返済することになるため、返済がかなり減ることが多いこと
(※但し、財産が多いときは例外が存在します。)

住宅ローンを払っていけば持家を守ることが可能であること
(但し、住宅ローン以外の抵当権などが設定されていないことなど条件がありますので弁護士にご相談下さい。)

自己破産の場合のような資格制限を受けることがないこと。

自己破産と違って、価値ある財産を失うことはないこと。

返済を再開するのは、申立てしてから通常数か月先になることが多いため、その間、返済資金用の蓄えが可能になること。
上へ
個人再生のデメリット
信用情報機関に登録される(いわゆるブラックリストに載る)こと。

借入しない生活に切り替えるのですから、借入ができなくなっても別段不都合はないはずです。

通常5年ないし10年でブラックリストからはずれるといわれています。
上へ

事務所ブログ
事務所ブログ

ホーム
上へ

MENU
事務所案内
初回無料相談受付
債務整理とは?
任意整理のご相談
過払いのご相談
個人再生のご相談
自己破産のご相談
消費者金融別対応法
闇金について
振り込め詐欺のご相談
費用一覧

友人に教える
お問い合わせ

尾崎法律事務所All Rights Reserved
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。