尾崎法律事務所

 お電話でのお問合せはこちら 

main_title
main_image
過払い金のグレーゾーン
過払い金回収のメリット
過払い金回収のデメリット
過払い金のグレーゾーン
グレーゾーン金利とは、利息制限法と貸付利息を規定してある出資法の規定の二つの法律の差額のことをいいます。
利息制限法で規定されている金利は15.00%〜20%、出資法の規定では29.2%です。

平成18年に貸金業法が公布されてから、平成22年を目途に消費者金融等の貸金業者の金利の上限が年15〜20%に統一されることに決定しました。これにしたがって、グレーゾーン金利が撤廃されました。
グレーゾーン金利が廃止されたから過払い金が戻ってこないのかというとそうではなく、今までのように、業者に対して利息制限法の上限利率を越えて払った利息については、返してもらうことができる可能性があります。

これから、グレーゾーン金利が撤廃されても、過払い金が発生している場合には、過払い金返還請求をすることができますので、心当たりのある方は、一度ご相談ください。
上へ
過払い金回収のメリット
既に払い過ぎた利息を返してもらえる。

過払い金回収の手続きをすると金額や返済年数によって異なりますが、借入額が減ったり、さらに過払い金が戻ってくる場合もあります。

過払い返金は、過去10年以内で借金を完済している方でも手続きが可能です。
上へ
過払い金回収のデメリット
一定期間クレジットの利用ができなくなります。

ブラックリストに載ってしまう可能性もあります。

過払い返金をすると信用情報機関に登録される可能性があります。

また5年〜10年くらいは借入ができなくなる可能性があります。

過去に過払い金を多く支払っている可能性のある方は、一度弁護士にご相談をおすすめします。
上へ

事務所ブログ
事務所ブログ

ホーム
上へ

MENU
事務所案内
初回無料相談受付
債務整理とは?
任意整理のご相談
過払いのご相談
個人再生のご相談
自己破産のご相談
消費者金融別対応法
闇金について
振り込め詐欺のご相談
費用一覧

友人に教える
お問い合わせ

尾崎法律事務所All Rights Reserved
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。