尾崎法律事務所

 お電話でのお問合せはこちら 

main_title
main_image
任意整理の考え方
任意整理のメリット
任意整理のデメリット
任意整理の考え方
任意整理とは一般的に、「裁判所などの公的機関を利用することなく、私的に直接サラ金業者やクレジット会社などと和解交渉をし、債務整理を行うこと」と言われています。

これをまとめますと、「この状況では自己破産しなければならなくなってしまうので、法律で認められた利率(約18%)をもとに、今までの取引を再度計算し直して、債務額を確定させ、そして、これからの利息をなくしたうえで、3年程度の分割弁済にする和解契約をする」手続きということになります。
上へ
任意整理のメリット
裁判所を通さないので、何か書類いるわけでなく、また裁判所に出頭する必要もないです。

返済交渉は弁護士が代理で行うため、貸金業者と直接示談交渉をする必要はありません。

自己破産の場合と異なり、持家などの資産を残すことが可能です。
上へ
任意整理のデメリット
信用情報機関に登録されます。いわゆるブラックリストに載ります。

そのブラックリストは通常5年ないし10年たつとはずれるといわれています。

任意整理に関しては返済総額が個人再生の場合ほど減少しません。
上へ

事務所ブログ
事務所ブログ

ホーム
上へ

MENU
事務所案内
初回無料相談受付
債務整理とは?
任意整理のご相談
過払いのご相談
個人再生のご相談
自己破産のご相談
消費者金融別対応法
闇金について
振り込め詐欺のご相談
費用一覧

友人に教える
お問い合わせ

尾崎法律事務所All Rights Reserved
このサイトは携帯電話向けサイトです。
携帯電話でご覧ください。